×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うなぎはウナギ科ウナギ属の魚類の総称です。

うなぎはウナギ科ウナギ属の魚類の総称です。 うなぎといえば蒲焼きなど日本人の食文化と昔から深く関わり合いを持つ魚と考えられがちですが、本当のところは世界中の熱帯から温帯にかけて広く分布する魚で、その種類も18種類以上にのぼります。 日本には、二ホンウナギとオオウナギの2種類が生息しています。 このうち一般に料理に使用するのが二ホンウナギ。 一方、オオウナギはその名前が示す通り、全長2m、体重20kgにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島で食用にされています。 最近まで、色んな所で、様々なうなぎを頂いてきました。 臭みの強い安いうなぎを食べて、とても悲しくなりました。 インターネット通販でウナギを購入するなら、味、はやさとも「うなぎ専門店」がベストだと思ってます。うなぎ通販専門店の美食市さんは、旨い上に、品質と安全性にこだわりを持っておられます。 安いだけでマズいうなぎだと、お金を寄付したほうがいいくらいです。 「美味しさ」とは、時代によって変化する可能性があるものです。 最近では、スーパーに中国産でいっぱいになり、若い世代は中国産のうなぎの味に毒されています。 その世代の中には、極上の「うなぎの蒲焼き」を頂いたことがないと言う人が多いと思います。これはどういうことか?元来の鰻の味を知る人がいなくなり、鰻の味の標準は「中国産の鰻蒲焼」になりつつあるということです。極論に申すと、「日本の食文化の危機的状況」だと考えます。 うなぎの蒲焼きの食し方は、お客様がとてもたくさんいる、行列ができる鰻屋を選ぶことが大事です。 蒲焼きの味を高めるものにタレがある。 しかも鰻のエキスがたっぷり溶け込んだタレほど、うまさを増します。 また、蒲焼は温かいうちに食べることが肝要である。 冷めてからでは、味が落ちます。そこで、昔からの教えで、うなぎの蒲焼きを入れる重箱を温めて出す地方もある。 うなぎを食べる事については諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が考案したという説がいちばんよく知られています。 それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。 平賀源内は、「本日丑の日」とのれんに書くことを勧めた。すると、その鮮魚店はたいそう繁盛しました。その後、他の鮮魚店もそれを模倣するようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。 高級うなぎの白焼きを専門に手掛ける一流うなぎ通販会社は、厳選された独自の仲卸業者を持っています。また、自ら養殖から販売を取り仕切ることによって、うなぎの仕上がりだけでなく、タレと焼きに万全の自信を持っているショップが少なくありません。 ハイクオリティなウナギを確保・供給ができ、価格的にもブレない通販ショップは高い安全基準で、しかも高品質な鹿児島産ウナギを、すぐに自宅で安価に食べられるので、見逃せません!

関連記事